コミュニケーション教育のための教授学習支援プログラム

お問い合わせEnglish
open

論 文

査読付論文

1 大学生の情報収集行動に影響する要因の探索: 新聞コミュニケーション・コンクール受賞者との比較を通して
日本NIE学会誌(採択済み・印刷中) 2019
2 「書く力」と「話す力」の基盤としての議論教育プログラムの設計と効果
九州大学基幹教育紀要 5 3-13 2019/3
3 電子版新聞の閲覧行動とコミュニケーション:河北新報の記事のシェアに着目して
日本NIE学会誌 2018/5
4 大学におけるプレゼンテーションの学びとは:「プレゼンテーション基礎」の受講者の分析を通して
九州大学基幹教育紀要 2018/4
5 学生―教師間のコミュニケーションのツールとしての議論教育用ルーブリックの開発と活用
日本コミュニケーション研究  46 1 43-59  2017/11
6 大学初年次教育における新聞を用いた文章作成の指導法の提案:「新聞コミュニケーション大賞」受賞意見文の分析を通して
日本NIE学会誌 12 29-36 2017
7 Effects of Parallel-repeated Design of Argumentation and Management on Higher Education
Advanced Management Science  3 2 48-54  2014/12
8 議論能力育成を目的とした授業における相互評価に対する学習者の認識
教育工学  37 Suppl 185-188  2013/12
9 The effect of debate training on argumentative skills: The developmental process of Japanese College students.
Studies for the Learning Society, Issue 4  2013
10 社会人基礎力を指標としたプレゼンテーション教育のデザイン ―コミュニケーションとマネジメントの並行反復学習―
電気学会誌A  132 12 1106-1111  2012/12
11 プレゼンテーション科目におけるセルフモニタリングの 導入と効果
電気学会誌A  132 12 1100-1105  2012/12
12 電気系学生を対象にした対話的思考力育成教育の半年間の効果
→電子ブック閲覧
電気学会論文誌A  130 1 81-86  2010/1
13 議論による学生の意識・態度変化のプロセスに基づいた理系学生のコミュニケーション教育
電気学会論文誌A  130 1 87-94  2010/1
14 電気系学生のコミュニケーション能力の育成を目的とした教育設計
→電子ブック閲覧
電気学会論文誌A  129 5 379-385  2009/5
15 実践共同体における大学生の議論スキル獲得過程
→電子ブック閲覧
認知科学  14 3 398-408  2007/9
16 The costs and benefits of participating in competitive debate activities: Differences between Japanese and American college students.
→電子ブック閲覧
Contemporary Perspectives on Argumentation: Views from the Venice Argumentation Conference.(In F. H. van Eemeren, M. D. Hazen, P. Houtlosser & D. C. Williams (Eds.))Amsterdam: Sic Sat    167-184  2006/8
17 日本人学生の議論能力を規定する要因の検討―アジアのパーラメンタリー・ディベート大会を対象に
→電子ブック閲覧
新たなコミュニケーション学の構築に向けて―日本コミュニケーション学会創立35周年記念論文集    61-73  2006/3
18 Building global literacy through debate: Parliamentary Debate for ESL/EFL students.
Proceedings of the 2005 PKETA International Conference: Learner variables and treatment in foreign language acquisition. Pusan, Korea: Pan-Korea English Teachers Association.    131-135  2005/9
19 ディベートの功罪―パーラメンタリー・ディベートに参加する大学生の意識
スピーチ・コミュニケーション教育  18  1-19  2005/3
PAGE TOP

国際学会論文

1 Generation gap in users’ perceptions of communication in an electronic newspaper
2018 IIER 393rd International Conference on Law and Political Science(ICLPS)17-21 2018/8
2 Effect of reflection in the parallel-repeated design for argumentation and management
JUSTEC2017, University of Hawaii at Manoa 2017/9
3 Exploring Learners' Cholonotope of Learning
4th International Congress of International Society for Cultural and Activity Research Congress 2014/9
4 The method of peer evaluation for argument: the learning process of Japanese college students
8th Conference of the International Society for the Study of Argumentation      2014/6
5 The framework of argument education for inter-curricula learning and its effect
15th Biennial EARLI Conference for Research on Learning and Instruction. Technische Universität München, Germany.   2013/8
6 The parallel-repeated design of argumentation and management for intercurricula learning
European Association for Research on Learning and Instruction SIG 4 Higher Education Conference. Conference book. Tallin University, Estonia    109-110  2012/8
7 Scaffolding Japanese students’ refutation in classroom and its effect
14th Biennial EARLI Conference for Research on Learning and Instruction. Conference book. University of Exeter, United Kingdom.    2008-2009  2011/9
8 The influence of refutation on the quality of argument and conceptual change
The 7th International Conference on Argumentation by International Society for the Study of Argumentation. University of Amsterdam. Netherland.      2010/6
9 A teaching method for cultivating argumentative skills: how to reduce psychological barrier to argue with peer
13th Biennial Conference for Research on Learning and Instruction.      2009/7
10 The effect of debate training on argumentative skills: The developmental process of Japanese College students.
12th Biennial Conference for Research on Learning and Instruction. E?tv?s Lor?nd University, Budapest, Hungary.      2007/8
11 A process model of acquiring argumentative skills: A case of short-term debate training in Japan.
The 6th International Conference on Argumentation by International Society for the Study of Argumentation. University of Amsterdam. Netherland.      2006/6
12 A teaching method of English academic presentation for ESL/EFL students.
The 4th Asia TEFL International Conference. Seinan Gakuin University. Japan.     2006/5
13 Building global literacy through debate: Parliamentary Debate for ESL/EFL students.
Proceedings of the 2005 PKETA International Conference: Learner variables and treatment in foreign language acquisition. Pusan, Korea: Pan-Korea English Teachers Association     2005/10
14 The benefits and problems of Parliamentary Debate: Perceptions of students participating in debate tournaments.
The 10th Biennial Wake Forest University Argumentation Conference Co-Sponsored by the International Society for the Study of Argumentation. Venice, Italy.      2004/6
15 Parliamentary Debate in Japan: Criticisms and future prospects of debate education in Japan.
The 2nd Tokyo Conference on Argumentation. Tsuda College. Japan.      2004/8
PAGE TOP

学会発表

1 新聞閲覧行動が成績に及ぼす影響: 大学生の情報収集に関する調査結果
第15回日本NIE学会於鹿児島大学  2018/11
2 新聞コミュニケーション大賞コンクール受賞者を対象にした 新聞教育に関する調査結果
第14回日本NIE学会於京都産業大学 2017/11
3 電子版新聞記事の閲覧行動による読者の個人特性の階層化: 河北新報の記事のシェア行動に着目して
第14回日本NIE学会於京都産業大学 2017/11
4 新聞コミュニケーション大賞」受賞者の論理展開と指導法の提案
日本NIE学会第13回愛媛大会 2016/11
5 言語理論と教育心理学との越境を考える
日本教育心理学会第55回総会 於法政大学シンポジウム【企画・司会】 2013/8
6 初年次全学必修科目「キャリア 形成」の教育実践とその効果
初年次教育学会第6回大会発表要旨集録 77 2013/9
7 越境の説明力を育むディスカッションの教育方法
日本教育心理学会第54回総会 於琉球大学 シンポジウム「越境の説明力を育む大学教育」【話題提供】2012/11
8 認知心理学と社会文化的アプローチのディベート:説明研究をプラットフォームとして【企画・司会】
日本教育心理学会第53回総会 於北海道学校心理士会・北翔大学 2011/
9 説明実践に見る越境性
日本教育心理学会第52回総会 於早稲田大学 シンポジウム「「越境の説明」を問う −豊かな対話の育成とは− 」【指定討論】 2010/8
10 福岡工業大学電気工学科におけるコミュニケーション教育の方法
電子情報通信学会2010年総合大会 TK-3 技術者教育における優良実践シンポジウム -技術者教育における コミュニケーション能力向上の取り組み- 2010
11 説明にける対話スキルをどう捉えるか
日本教育心理学会第53回総会 於早稲田大学 シンポジウム「越境の説明」を問う?豊かな対話の育成とは? 2010
12 わかりやすい説明とは何か:市民の被説明責任と被説明スキル
日本教育心理学会第52回総会 於静岡大学 シンポジウム「「教え」から「学び」へ:学ぶプロセスとしての説明研究の展開」 2009
13 『「科学技術リテラシーの育成」プロジェクトの構想と展開』
認知科学会第24回大会ワークショップ(企画)
14 議論の合理性の探求により内在化された価値に気付き,新たな価値を創造する
日本教育心理学会第49回総会 於文京大学 シンポジウム「自らの価値観にもとづいて考える力を育てる議論教育の方法」【話題提供】 2007
15 ディベートを通じて説明の論理性についての学びを発展させる環境づくり
日本教育心理学会第49回総会 於文京大学 シンポジウム「教授学習過程を促す説明のあり方」【話題提供】2007
16 論理的思考を育む英語アカデミック・プレゼンテーションの指導法―「パーラメンタリー・ディベート」の応用
大学英語教育学会第45回全国大会 於関西外国語大学. 2006
17 高校生の英語ディベート熟達化過程と指導プログラムについて
文部科学省スーパー・イングリッシュ・ランゲージ・ハイスクール研究認定校成果報告大会 於山口県立華陵高等学校 2005
18 パーラメンタリー・ディベートは議論能力を向上させるか―教育ディベートの新たな可能性
日本教育心理学会第47回総会 於北海道浅井学園大学 シンポジウム「議論力・思考力を育む教育実践と実証的研究」【話題提供】2005
19 ディベートの功罪―パーラメンタリー・ディベートに参加する大学生の意識
日本コミュニケーション学会第34回年次大会 於拓殖大学 2004
20 異文化間教育におけるパーラメンタリー・ディベートの意義―討論教育の課題と展望
日本コミュニケーション学会九州支部第10回大会 於熊本学園大学 2003
21 アジア諸国のパーラメンタリー・ディベート活動の実態調査
日本コミュニケーション学会九州支部第9回大会 於日本文理大学 2002 5
PAGE TOP